HELP FILE

リモート制御での各国対応のキーボードとの対応付けについて

リモート制御でクライアントとホストの地域設定が異なる場合には、適切なデータ入力のためにキーボード設定の調整が必要なことがあります。

PC から PC または Mac を制御する場合、クライアント コンピュータ側のユーザーは、3 つのキーボード処理オプションのいずれかを選択できます。 この設定は、各ホスト コンピュータのクライアント コンピュータに保存されます。

リモート制御中にキーボード オプションを設定するには、 [オプション] をクリックします。

ホスト コンピュータのレイアウトを使用 ホスト コンピュータのキーボード レイアウトを使用する場合にこのオプションを選択します。 クライアント コンピュータで入力された文字およびキー入力の組み合わせは、ホスト コンピュータのキーボードの実際の配列に従って認識されます。 クライアント コンピュータのキーボード レイアウトは無視されます。
クライアント コンピュータのレイアウトを使用 クライアント コンピュータのキーボード レイアウトを使用する場合にこのオプションを選択します。 文字およびキー入力の組み合わせは、クライアント側で入力された通りにホスト コンピュータに送信されます。 ホスト コンピュータのキーボード レイアウトは無視されます。
LogMeIn の旧対応付けを使用 LogMeIn の従来のキーボードの対応付けに慣れており、今回はその対応付けを変更しない場合にこのオプションを選択します。