HELP FILE

インターフェイスの詳細設定を変更するには

この手順はクライアント上で実行する必要があります。

注: この機能は Linux では使用できません。
  1. Windows で、[システム] > [設定] をクリックします。 Mac では、LogMeIn Hamachi > [設定] をクリックします。
  2. [設定] タブで、ページの下部にある [詳細設定] リンクをクリックし、詳細設定を表示して、以下のオプションから選択します。これらのオプションは [インターフェイス設定] セクションにあります。
    オプション 説明
    起動時にスプラッシュ画面を表示する Hamachi の起動時に Hamachi ロゴを表示する場合は、このオプションを選択します。 (Windows のみ)
    タスクバーにメイン ウィンドウを表示する タスクバーに Hamachi のメイン ウィンドウを表示する場合は、このオプションを選択します。 (Windows のみ)
    タスクバーにピア ウィンドウを表示する ピアを右クリックして [詳細] をクリックしたときに、タスクバーに [ピアのプロパティ] ウィンドウを表示する場合は、このオプションを選択します。 (Windows のみ)
    タスクバーにチャット ウィンドウを表示する タスクバーにチャット ウィンドウを表示する場合は、このオプションを選択します。 (Windows のみ)
    メンバーを強制退出させるときに確認する 未接続ネットワークからピアを強制退出させるときに確認を求める場合は、このオプションを選択します。 このオプションは、完全モードで実行されているクライアントでのみ使用できます。
    メンバー数が上限に近づいたら警告する ネットワークに追加できるメンバーの数が 2 以下になった時点でメッセージを表示する場合は、このオプションを選択します。 たとえば、Hamachi の Standard 利用期間では、ネットワークのメンバー数が 30 または 31 になったときにこのメッセージが表示されます。
    メンバー数が上限に達したら警告する ネットワークのメンバー数が上限に達した時点でメッセージを表示する場合は、このオプションを選択します。
    オフラインのネットワーク メンバーを非表示にする オフラインになったネットワーク メンバーを非表示にする場合は、このオプションを選択します。
    ピア ラベルのフォーマット ピアの名前をクライアント上に表示するときのフォーマットを選択します。 [カスタム] を選択する場合は、[カスタム フォーマット] フィールドでフォーマットを定義する必要があります。 このオプションは、完全モードで実行されているクライアントでのみ使用できます。使用可能なカスタム変数については、 を参照してください。.
    ピアをダブルクリックしたときの動作 ピアの名前をダブルクリックしたときに実行するアクションを選択します。 このオプションは、完全モードで実行されているクライアントでのみ使用できます。
    ピア メニューにクイック IM を表示する (Windows のみ) ピアを右クリックしたときに [クイック IM の送信] オプションを表示する場合は、このオプションを選択します。
    ピア メニューにカスタム コマンドを表示する ピア メニューにカスタム コマンドを追加する場合は、このオプションを選択します。 このコマンドは、[ラベル] フィールドに定義されているとおりに表示され、[コマンド] フィールド内のコマンドを送信します。 例えば、リモート デスクトップをカスタム コマンドとして定義するとします。そのためには、[コマンド] フィールドに mstsc /v:$VIP4 (IPv4 からの接続時) または mstsc /v:$VIP6 (IPv6 からの接続時) と入力し、その名前を [ラベル] フィールドに「リモート デスクトップ」と入力します。 ピア内を右クリックしたら、[リモート デスクトップ] オプションを選択して、選択したピアとのリモート セッションを確立できます。 このオプションは、完全モードで実行されているクライアントでのみ使用できます。カスタム変数の完全なリストと使用方法については、 を参照してください。.
  3. [OK] または [適用] をクリックして設定を保存します。