HELP FILE

Hamachi クライアントの設定をバックアップおよび復元するには

設定ファイルをバックアップしておくと、システム エラーからの復旧に役立ち、クライアントとそのすべてのネットワーク設定を新しいコンピュータへ移動することもできます。

Windows

この手順はクライアント上で実行する必要があります。

設定ファイルをバックアップするには

  1. Windows で、[システム] > [設定] をクリックします。 Mac では、LogMeIn Hamachi > [設定] をクリックします。
  2. [ディスクの場所] セクションの [サービス設定] を選択します。
  3. [開く] をクリックします。
  4. すべてのファイルを安全な場所にコピーします。

設定ファイルを復元するには

新しいコンピュータまたは再フォーマットしたコンピュータに Hamachi をインストールするとき、オンラインに切り替えないでください。

  1. サービス設定ディレクトリを開きます。 参照項目 : 設定ファイルをバックアップするには.
  2. [ファイル名を指定して実行] ウィンドウを開きます。
    • Windows XP では、[スタート] > [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    • Windows 7、Windows 8 および Windows Vista では、スタートメニューの [検索の開始]/[プログラムとファイルの検索] フィールドに、「ファイル名を指定して実行」と入力します。
  3. [ファイル名を指定して実行] ウィンドウに services.msc と入力します。
  4. [LogMeIn Hamachi Tunneling Engine] を右クリックし、[停止] を選択します。
  5. サービス設定ディレクトリに戻り、バックアップしたファイルをサービス設定ディレクトリにコピーします。
  6. [サービス] ウィンドウで、[LogMeIn Hamachi Tunneling Engine] を右クリックし、[開始] を選択します。
  7. クライアントをオンラインに切り替えると、元の設定が復元されます。

Linux の使用時

  1. ターミナルを開きます。
  2. 次のコマンドを使って Hamachi サービスを停止します :
    /etc/init.d/logmein-hamachi stop
  3. /var/lib/logmein-hamachi (Hamachi 設定ディレクトリ) に移動します。
    • 設定をバックアップするには、このコンテンツを安全な場所にコピーします。
    • 設定を復元するには、バックアップしたファイルを設定ディレクトリにコピーします。
  4. 次のコマンドを使って Hamachi サービスを起動します :
    /etc/init.d/logmein-hamachi start