HELP FILE

GoToTraining でファイアウォールを有効にする方法を教えてください。

多くのユーザーは、McAfee、Norton、Windows ファイアウォールなどの個人向けファイアウォールソフトウェアを使用して、ウイルスの侵入を防いでいます。これらのプログラムは、コンピューターへの不明なアプリケーションのダウンロードを遮断する仕組みであるため、ファイアウォール ソフトウェアによって GoToMeeting のダウンロードが遮断されている可能性があります。

この問題を解決するには、セキュリティ ソフトウェアを起動してファイアウォールの設定にアクセスして、セッションに参加できるように GoToMeeting を手動で有効にします。

この記事のトピック:

ダウンロードを手動でブロック解除する

コンピューター上のファイアウォールを設定する

ネットワーク ドメイン内のファイアウォールを設定する

 

ダウンロードを手動でブロック解除する

ほとんどのセキュリティ プログラムは、ファイアウォールの設定で特定のプログラムのアクセスを設定できます。GoToMeeting を許可するようにファイアウォールを設定するには、g2mcomm.exe に対するプログラムのルールを確認し、[許可] または [フル アクセス] に設定します。

これを設定するための手順は、ご利用のオペレーティング システムとファイアウォール ソフトウェアによって異なります (たとえば、組み込みの Windows ファイアウォールと、McAfee や Norton などのサードパーティー アプリケーションでは手順が異なります)。

より具体的なサポートについては、コンピューターにインストールしているセキュリティ プログラムの製造元のサポート サイトにアクセスしてください。

 

コンピューター上のファイアウォールを設定する

1. ファイアウォールを解除するには、セッションをホストするか、セッションに参加します。

2. GoToTraining にインターネットへのアクセスを許可するか確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。次に、設定内容を保存するようにチェック ボックスをオンにします。

3. ウイルス対策プログラムを開き、すべての GoToTraining ファイルを受け入れることを許可します。3 つのポート 80、443、8200 のいずれか 1 つで、次のファイルを許可する必要があります。片方向 TCP 接続が必要です (TCP 発信)。

g2m_download.exe G2MStart.exe G2MChat.exe
g2mupload.exe G2MLauncher.exe G2MQandA.exe
AppCore.exe G2MTesting.exe G2MSessionControl.exe
G2MInstallerExtractor.exe G2MMaterials.exe G2MMatchMaking.exe
G2MCoreInstExtractor.exe G2MPolling.exe G2MRecorder.exe
G2MCodecInstExtractor.exe G2MView.exe G2MTranscoder.exe
G2MInstHigh.exe G2MUI.exe G2MFeedback.exe
G2MInstaller.exe G2MComm.exe G2MHost.exe
G2MUninstall.exe    
 

ネットワーク ドメイン内のファイアウォールを設定する

ネットワーク ドメインを使用する社内環境でファイアウォールを使用している場合、ハードウェア ファイアウォールが存在する可能性があります。

IT 部門に、最適なファイアウォール設定のファクト シートを参照して、GoToTraining に接続を許可するように依頼してください。

関連情報

参加に関するヘルプと FAQ

セッションに参加できません

ダウンロードに失敗するのはなぜですか?

デスクトップ アプリを使用するためのシステム要件を教えてください。

セッションに参加しようとすると、「接続できませんでした」と表示されるのはなぜですか?

プレゼンテーションは表示されますが、オーディオが聞こえないのはなぜですか?

参加者としてセッションに参加するためにアカウントは必要ですか?

参加者としてセッションに参加するためにアカウントは必要ですか?