HELP FILE

Windows 7またはWindows Vistaが動作するホストPCでCtrl+Alt+Delキーの送信機能が動作しない場合は、ユーザーアカウント制御(UAC)とSecure Attention Sequence(SAS)の一方または両方が無効に設定されている可能性があります。Ctrl+Alt+Delキーの送信機能を有効にするには、IT管理者またはユーザーが以下のいずれかまたは両方の手順に従って設定する必要があります。いずれの手順でも、設定を始める前にホストPCにGoToMyPC 6.1以降がインストールされていることを確認してください。

個人用のユーザーアカウント制御の有効化

Ctrl+Alt+Delキーの送信機能を使用するには、ホストコンピューター(接続先のコンピューター)でユーザーアカウント制御が有効に設定されている必要があります。

Windows Vistaでユーザーアカウント制御を有効にするには

1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックします。

2.[コントロールパネル]を選択します。

3.[ユーザーアカウント]を選択します。

4.[ユーザーアカウント制御の有効化または無効化]をクリックします。

5.[ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピューターの保護に役立たせる]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

6. コンピューターを再起動して、変更を適用します。

Windows 7でユーザーアカウント制御を有効にするには

1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックします。

2.[コントロールパネル]を選択します。

3.[ユーザーアカウント]を選択します。

4.[ユーザーアカウント制御設定の変更]をクリックします。

5. スライダーをクリックして上にドラッグします。既定以上の設定をお勧めします。

6. コンピューターを再起動して、変更を適用します。

これで、Ctrl+Alt+Delコマンドをホストコンピューターに送信できます。問題が解決しない場合は、IT管理者がコンピューターを構成して、このコマンドがリモートから送信されたときにコマンドを受け入れるようにする必要がある可能性があります。

ドメイングループポリシーまたはローカルグループポリシーの構成

ほとんどの場合、IT管理者がドメインまたはサブドメインのグループポリシーを構成します。ドメインのグループポリシーが「未構成」であるか、コンピューターがドメインにないときは、場合によりローカルグループポリシーを変更する必要があります。

注:ドメイングループポリシーは、ドメイン管理者のみが変更できます。

注:ドメイングループポリシーがローカルグループポリシーより優先します。

ドメイングループポリシーを構成してGoToMyPCでCtrl+Alt+Delキーを送信可能にするには

1. Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008 R2、またはWindows Server 2008が動作するPCに、ドメイン管理者としてログインします。

2. Windows 7またはWindows VistaのService Pack 1以降を使用している場合は、グループポリシー管理コンソールをインストールするか有効に設定します。

a. Windows 7では、Windows 7用のリモートサーバー管理ツールをダウンロードしてインストールします。Windows Vistaでは、Windows Vista用のリモートサーバー管理ツールをダウンロードしてインストールします。

b. [コントロールパネル]の[プログラムと機能]で、[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。

c. [リモートサーバー管理ツール]>[機能管理ツール]の順に選択し、[グループポリシー管理ツール]の横のチェックボックスをオンにします。

3. Windows Server 2008 R2またはWindows Server 2008を使用している場合は、グループポリシー管理コンソールをインストールして有効に設定します。

a. サーバーマネージャーを起動します。

b. [機能]セクションの[機能の追加]をクリックします。

c. [グループポリシーの管理]の横のチェックボックスをオンにします。

4. Windowsの[スタート]ボタンをクリックします。

5. 「gpmc.msc」と入力してEnterキーを押し、グループポリシー管理コンソールを開きます。

6. [グループポリシーの管理]ウィンドウの左ペインで、管理対象のドメインが表示されるまでナビゲーションツリーを展開します。

7. ドメインまたはサブドメインで、GoToMyPCによるCtrl+Alt+Delキーの送信を妨げるポリシーを含むグループポリシーオブジェクトを特定します。

8. 該当するグループポリシーオブジェクトを右クリックし[編集]を選択します。

9. 続けて、ソフトウェアSASのグループポリシーを変更する手順に従って設定します。

注:ドメイングループポリシーの変更は、ワークステーションを再起動するまで適用されません。各ワークステーションでgpupdate /forceコマンドを使用して、ポリシーを直ちに有効にします。

ローカルグループポリシーを構成してGoToMyPCでCtrl+Alt+Delキーを送信可能にするには

1. 特定のWindows 7またはWindows VistaのPCに、ローカルまたはドメインの管理者としてログインします。

2. Windowsの[スタート]ボタンをクリックします。

3. 「gpedit.msc」と入力してEnterキーを押し、グループポリシーエディターを開きます。

4. 続けて、ソフトウェアSASのグループポリシーを変更する手順に従って設定します。

ソフトウェアSASのグループポリシーの変更

ソフトウェアSASのグループポリシーを変更するには

1. グループポリシーオブジェクトエディターの左ペインで、[コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[Windowsコンポーネント]>[Windowsログオンのオプション]の順に選択します。

2. [ソフトウェアのSecure Attention Sequenceを無効または有効にする]のポリシーを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

3. 適切な設定を選択して[OK]をクリックします。

    • ドメイングループポリシーを設定する場合は、[未構成]オプションを選択すると、各コンピューターのローカルグループポリシーが使用されます。このオプションは、ローカルグループポリシーを設定する場合の[無効]と同じです。
    • [有効]オプションを選択すると、グループポリシーが適用されます。ポリシーの値が[なし]に設定されている場合を除いて、GoToMyPCによりCtrl+Alt+Delキーを送信できます。
    • [無効]オプションを選択すると、グループポリシーが無効になります。GoToMyPCによりCtrl+Alt+Delキーを送信できます。