HELP FILE

Macのビューアーウィンドウの機能

Macのビューアーウィンドウは、リモートコンピューターのデスクトップを表示し、いくつかのセッション中の機能にアクセスするために必要です。

ビューアーウィンドウ

全画面モード

[表示]メニュー

マルチモニター

関連項目

マルチモニターの使用方法

Macでの機能とキーボードマッピング

ビューアーウィンドウ

  • [全画面]ボタン (a):ビューアーウィンドウを全画面に拡大します。詳しくは、下記の「全画面モード」を参照してください。
  • *Ctrl+Alt+Delを送信 (b):ホストのWindows PCにCtrl+Alt+Delコマンドを送信します。
  • *右クリックを設定 (c):Windows PCを使用するときと同様に右クリックできます。右クリックするには、このボタンをクリックしてから、ホストコンピューター上のオブジェクトをクリックします。
  • ズームスライダー (d):デスクトップを拡大/縮小できます。この機能は、ホストコンピューターの画面解像度がMacよりもはるかに高い場合に特に役立ちます。画面の別の領域を表示するには、マウスをビューアーウィンドウの端に移動してデスクトップをスクロールします。

注:*ホストPCに接続しているときにのみ適用できます。

全画面モード

全画面モードでは、ホストコンピューターのデスクトップのイメージがクライアントコンピューターの画面全体に表示されます。画面上部のタブをクリックすると、ビューアーウィンドウに表示されるのと同じコントロールにアクセスできます。

  • 切断 (a):GoToMyPCセッションを終了します。
  • 全画面モードを終了 (b):全画面モードを終了します。
  • 拡大/縮小 (c):画面のサイズを拡大できます。
  • 画面に合わせる (d):ホストコンピューターのデスクトップをビューアーウィンドウに合わせます。
  • 100% (e):画面の一部しか表示できない場合でも、ホストのデスクトップを最大解像度(等倍)で表示します。画面の別の領域を表示するには、マウスをビューアーウィンドウの端に移動してデスクトップをスクロールします。
  • ファイル転送 (f):コンピューター間でファイルやフォルダーを転送します。
  • *Ctrl+Alt+Delを送信 (g)ホストPCにCtrl+Alt+Del コマンドを送信します。
  • *右クリックを設定 (h):PCを使用するときと同様に右クリックできます。右クリックするには、このボタンをクリックしてから、ホストPC上のオブジェクトをクリックします。

注:*ホストPCにリモートアクセスしているときにのみ使用できます。

[表示]メニュー

  • 全画面 (a):ビューアーウィンドウを全画面に拡大します。
  • ウインドウ (b):ビューアーウィンドウをデスクトップ上のサイズ変更可能なウィンドウに戻します。
  • 100% (c):画面の一部しか表示できない場合でも、ホストのデスクトップを最大解像度(等倍)で表示します。画面の別の領域を表示するには、マウスをビューアーウィンドウの端に移動してデスクトップをスクロールします。
  • 画面に合わせる (d):ホストコンピューターのデスクトップを[ビューアー]ウィンドウに合わせます。

Macクライアントからのマルチモニターの管理

複数のモニター間を往復したり、2台のモニター間をスムーズにスクロールしたりできます。

スクロール

[マルチモニタ]ボックスの一覧で [プライマリモニタを表示してスクロール]が選択されていることを確認します。 (a)

ほかのモニターに向かって、マウスポインターを画面の端に移動します。端にある半透明の灰色の領域は、スクロール用のアクティブ領域を示しています。 (b)

切り替え

スクロールを無効にして1台のモニターだけで作業するには、 [マルチモニタ]ボックスの一覧から特定のモニター (d) を選択するか、画面の端の矢印をクリックします。 (c)