HELP FILE

ユーザー管理ツール(GoToMyPC Corporateのみ)

概要

GoToMyPCUser管理ツールを使用すると、企業アカウント内にユーザーアカウントをプロビジョニングできます。Active Directoryまたはe-DirectoryからGoToMyPCにユーザーアカウントを同期できます。ここでは、1回限りの構成プロセスを実行できます。ルールを介したユーザー情報の提供と更新、同期のスケジューリングを行います。

システム要件

サポートされているオペレーティングシステム

  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008
  • Windows 8
  • Windows 7

般的な要件

  • Net Framework 4.5
  • 1024×768以上のモニター解像度

GoToMyPCの要件

  • GoToMyPC Corporateアカウントのカンパニーマネージャー
  • ユーザー管理ツールが社内管理者により会社機能レベルで有効になっている

インストール

Corporateアカウント管理者がGoToMyPCでユーザー管理ツールを使用したい場合は、そのアカウントを「会社の機能」として有効にする必要があります。お客様のアカウントでこの機能を有効にするには、カスタマーサポートに連絡してください。次に、ユーザー管理ツールを適切にインストールする方法については、以下の手順に従ってください。

1. GoToMyPCアカウントにログインし、左側のナビゲーションで[グループの管理]をクリックします。

2. 同期するグループレベルを選択し、コンピューターの構成に基づいて([機能]タブの下にある)[ユーザー管理ツールのダウンロード]リンクを選択します。

3. インストーラーを実行し、メッセージに従ってユーザー管理ツールのインストールを完了します。

4. ダウンロードが完了すると、アプリケーションへのショートカットがデスクトップとWindowsコンピューターの[スタート]メニューに配置されます。

セットアップ

ユーザー管理ツールを設定するには、Corporateマネージャーは最初にカンパニーマネージャーのログインを設定し、次に管理者のログインを設定する必要があります。

Corporate Managerログインを設定する

1. GoToMyPCアプリを選択します。ログインページが表示されます。

2. Corporateマネージャーの資格情報を使用してログインします。

:入力するCorporateマネージャーアカウントは、ユーザーのプロビジョニングに使用するものと同じである必要があります。

管理者ログインを設定する

管理者の資格情報を使用して正しいGoToMyPCManagerアカウントにログインすると、[ドメインに接続]ウィンドウが起動します。

1.[ディレクトリサービス]ドロップダウンメニューを使用して、Active Directoryとe-Directoryのどちらに接続するかを選択します。

2. ユーザー管理ツールがActive Directoryまたはe-Directoryから必要なプロパティを読み取れるようにするには、ユーザードメインと資格情報を入力します。

:マシンでこのツールをすでに実行してログインしている場合は、フィールドを空白のままにして[接続]を選択し、以前に保存したドメインと資格情報に接続できます。

3.Active Directoryを使用している場合は、ここを選択して、ダッシュボードの表示、スケジュールルールなどの詳細を確認します。

4.e-Directory(LADPなど)を使用している場合は、ここを選択して、ルールの追加と編集などの詳細を確認します。