HELP FILE

ファイアウォールは、コンピューターの不正な発着信をブロックするために設計された、一般的で効果的なセキュリティオプションです。一部のファイアウォールでは、GoToMyPCなどの信頼できるアプリケーションを承認するために追加の手順が必要です。

GoToMyPCは、ポート80、443、8200を使用します。片方向TCP接続が必要です(TCP発信)。詳しくは、当社のIPアドレス範囲に関する報告書を参照してください。

手順1:ファイアウォールプログラムで権限を与える

最初にGoToMyPCをホストコンピューターにインストールしたときに、GoToMyPC通信サーバーとのセキュリティで保護された接続を試みます。この接続処理により、対処を求めるファイアウォール警告が表示される場合があります。 

  1. ファイアウォールの警告メッセージが表示された場合は、設定内容を保存するように選択します。
  2. [はい]をクリックして、GoToMyPCがインターネットにアクセスできるように設定します。
  3. GoToMyPCのインターネットアクセスについてファイアウォールが自動的に可否を確認しない場合は、手動による有効化が必要になる場合があります。

手順2:GoToMyPCコンポーネントを特定して承認する

セキュリティソフトウェアを更新する

古いまたは有効期限が切れたセキュリティソフトウェアを使用している場合は、その製造元の最新バージョンに更新することをお勧めします。セキュリティプログラムの有効期限が切れていても、そのファイアウォールコンポーネントがアクティブのままで、GoToMyPC接続を妨げている可能性があります。セキュリティまたはファイアウォールのプログラムの有効期限が切れた場合は、ファイアウォールを構成できるようにライセンスを更新するか、アンインストールして別のセキュリティまたはファイアウォールのソリューションを使用することをお勧めします。

GoToMyPCは、ホストとクライアント用の両方のソフトウェアの更新プログラムを定期的にリリースしています。新しいバージョンのGoToMyPCソフトウェアを識別できるように、セキュリティソフトウェアを製造元が提供する適切なバージョンに更新する必要がある可能性があります。