HELP FILE

GoToMyPC Corporateプランを使用している場合、管理者が他のユーザーに共有アクセス権を付与している可能性があります。これは通常、コンピューターを管理する人たちになります(たとえば、会社のIT専門家がGoToMyPCを使用してコンピューターをリモートで管理する場合があります)。これはWindowsコンピューターでのみ使用できることに注意してください。 

管理者がコンピューターへの共有アクセスを有効にしている場合、次のようなことが起こります。

  • 自分のPCに対して管理者が1人以上のほかのユーザーとの共有アクセスを有効にしたことを、GoToMyPCグローバルカスタマーサポートから通知されます。
  • 共有ユーザーにアクセスコードを伝えることを依頼されます。ほかのユーザーがPCにログオンした後、アクセスコードを変更することをお勧めします。

共有ユーザーのアクセスコード

セカンダリユーザーにホストコンピューターのアクセスが許可されると、元のアクセスコードが継承されます。このアクセスコードは、後からアクセスコードを変更しても、セカンダリユーザーに対して変わりません。所有者もセカンダリユーザーも元のアクセスコードを忘れた場合は、管理者が元の招待を取り消して新しい招待を付与する必要があります。セカンダリユーザーがホストコンピューターに物理的にアクセスできる場合は、「アクセスコードを忘れた場合」に説明されている手順に従って、アクセスコードを変更することができます。セカンダリーユーザーがログオンに3回失敗すると、そのコンピューターに対するアクセス権限を持っているすべてのユーザーがロックアウトされます。その場合には、管理者に連絡してコンピューターのロックを解除する必要があります。

たとえば、会社のIT専門家がGoToMyPC Corporateを使用して、リモートからユーザーのPCを保守することがあります。管理者がユーザーのPCに対する共有アクセスを有効にした場合、以下の処理が実行されます。

  • 自分のPCに対して管理者が1人以上のほかのユーザーとの共有アクセスを有効にしたことを、GoToMyPCグローバルカスタマーサポートから通知されます。
  • 共有ユーザーにアクセスコードを伝えることを依頼されます。ほかのユーザーがPCにログオンした後、アクセスコードを変更することをお勧めします。

セッション中の再起動

共有アクセスを有効にしている場合は、セッション中の再起動を使用してリモートからホストコンピューターを再起動し、Windowsの資格情報を使って再度ログインできます。