HELP FILE

サウンドのトラブルシューティング

さまざまなオーディオの問題をトラブルシューティングするための推奨事項について説明します。

以下の説明でアスタリスク(*)が付されている解決策は、新しいバージョンのWindowsに適さない場合があります。これらの問題の対策については、グローバルカスタマーサポートにお問い合わせください。

音声が出力されない

  • リモートサウンド機能により、リモートのホストPCからの音声を聴くことができます。この機能は、Macまたはユニバーサルビューアーでは利用できません。
  • ループバック入力(*)
    まれに、GoToMyPCがループバック入力を正しく検出できず、音声出力をテストできないことがあります。ループバック入力を、[基本設定]ダイアログボックスの[サウンド]タブのボックスの一覧から選択します。ループバック入力の一般的な名前は、Stereo Mix、Wave Out Mix、What U Hear、Stereo Mixer、Sum、Stereoなどです。

  • スピーカーの接続
    サウンド機能が有効にもかかわらず音声が出力されない場合は、スピーカーがクライアントコンピューターに確実に接続されていない可能性があります。
  • Skype VoIP(*)
    ホストコンピューターにリモート接続中にSkype VoIPを使用すると、GoToMyPCが音源を構成し直して、音声が無効になる場合があります。サウンド機能を再度アクティブ化するには、ビューアーウィンドウの右上角にある[サウンド]ボタンを2回クリックします。

貧弱な音質

  • Windows Media Player
    最適な音質とパフォーマンスを得るために、最新バージョンのWindows Media Playerをホストとクライアントの両コンピューターにインストールします。
  • Wave出力(*)
    ホストコンピューターのWave出力の設定が100%の場合、音質に影響する場合があります。Wave出力の音量を、ホストPCのWindowsの[ボリュームコントロール]パネルで下げます。

サウンドカード

サウンドカードは、お使いのPCの音声を再生します。サウンド機能を使用するにはホストとクライアントの両コンピューターに必要です。ホストPCのサウンドカードには、コンピューターが出力中の音声をテストできるように、ループバック入力デバイスが必要です。新しいバージョンのGoToMyPCは幅広い種類のサウンドカードに対応しますが、まれに互換性の問題が生じる場合があります。

  • 多くの問題は、サウンドカードの製造元のWebサイトから最新ドライバーをダウンロードしてインストールすることで解決できます。お使いのコンピューターのサウンドカードを確認するには、以下の手順を参照してください。
  • 以前のSigmaTelサウンドカードドライバーの互換性に問題があることが判明しています。ループバック入力をサポートする最新のサウンドカードドライバーをインストールしてみてください。(*)
  • 一部のサウンドカードでは、ホストPCで音声がミュートになっているか音量が極端に低いとき、GoToMyPCで音声をキャプチャできない場合があります。Realtek HD 88xまたはSoundblaster Audigy SEをご使用の場合は、[基本設定]ダイアログボックスの[サウンド]タブで、[セッション中はホストのスピーカーをミュートにする]チェックボックスをオフにします。(*)
  • お使いのホストPCのサウンドカードにループバック入力がない場合は、サウンド機能がサポートされません。このような問題はUSBサウンドカードによく見られます。最新のサウンドカードドライバーをインストールすると、この問題が解決する場合があります。(*)

お使いのPCにインストールされているサウンドカードを確認するには

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]を選択します。
  2. [アクセサリ]、[システムツール][システム情報]の順に選択します。
  3. [システム情報]ウィンドウで、[コンポーネント]の横に表示されている+記号をクリックします。
  4. [サウンドデバイス]を(または[マルチメディア][サウンドデバイス]の順に)クリックして、画面右側でサウンドカードの詳細を確認します。

注:以前に別のWindows互換サウンドカードデバイスをインストールしていた場合は、表示されるサウンドカードはコンピューターにインストールされているメーカーまたはモデルと異なる場合があります。

関連項目

リモートサウンド

サウンドの基本設定