HELP FILE

ファイアウォール許可が必要なGoToMyPCファイルの検索

接続の問題が発生した場合は、以下のGoToMyPCコンポーネントを許可するようにファイアウォールを構成する必要があります。

Windowsオペレーティングシステム別の検索場所

Windows XP

Windows VistaおよびWindows 7

関連項目

ファイアウォールとGoToMyPC

McAfeeのファイアウォール

Nortonのファイアウォール

CAのファイアウォール

ファイアウォールとクライアントコンピューター

Kasperskyのファイアウォール

そのほかの情報の入手先

ファイアウォールの設定で、以下のGoToMyPCファイルに許可を与える必要があります。

g2comm.exe g2simpleft.exe
g2fileh.exec g2pre.exe
g2host.exe g2processfactory.exe
g2mainh.exe g2vistahelper.exe
g2printh.exe g2tray.exe
g2svc.exe gopcsrv.exe
g2audioh.exe  

64ビット版WindowsでGoToMyPCファイルを検索するには

注:このパスでファイルが見つからない場合は、32ビット版のWindows VistaまたはWindows 7を使用している可能性があります。その場合は上記の説明を参照してください。

1. ファイアウォールを開き、許可設定機能を見つけます。

2. GoToMyPCのファイルに移動します。

a. [マイコンピューター]を開きます。

b. [(C):ローカルディスク]をダブルクリックします。

c. [Program Files (x86)]をダブルクリックします。

d. [GoToMyPC]をダブルクリックします。

e. g2comm.exeを選択します。

3. ファイアウォールの設定で、 g2comm.exeのインターネットアクセスを許可するように設定します。


                          先頭に戻る

32ビット版WindowsでGoToMyPCファイルを検索するには

1. ファイアウォールを開き、許可設定機能を見つけます。

2. GoToMyPCのファイルに移動します。

a. Windowsの[スタート]メニューで、 [コンピューター]を選択します。

b. [(C):ローカルディスク]をダブルクリックします。

c. [Program Files]をダブルクリックします。

d. [GoToMyPC]をダブルクリックします。

e. g2comm.exeを選択します。

3. ファイアウォールの設定で、 g2comm.exeのすべてのインターネットアクセスを許可するように設定します。

 

セキュリティソフトウェアの更新

古いまたは有効期限が切れたセキュリティソフトウェアを使用している場合は、その製造元の最新バージョンに更新することをお勧めします。セキュリティプログラムの有効期限が切れていても、そのファイアウォールコンポーネントがアクティブのままで、GoToMyPC接続を妨げている可能性があります。セキュリティまたはファイアウォールのプログラムの有効期限が切れた場合は、ファイアウォールを構成できるようにライセンスを更新するか、アンインストールして別のセキュリティまたはファイアウォールのソリューションを使用することをお勧めします。

GoToMyPCは、ホストとクライアント用の両方のソフトウェアの更新プログラムを定期的にリリースしています。新しいバージョンのGoToMyPCソフトウェアを識別できるように、セキュリティソフトウェアを製造元が提供する適切なバージョンに更新する必要がある可能性があります。

先頭に戻る