HELP FILE

ハブ アンド スポーク ネットワークについて

ハブ アンド スポーク ネットワークでは、1 つ以上のコンピュータがハブとして機能し、他のクライアントはスポークとして接続します。 スポークはハブに接続されますが、相互には接続されません。

ハブ アンド スポークは、通常、ワークステーション (スポーク) がサーバー (ハブ) だけに接続する必要があるときに使用されます。 たとえば、ライブラリでは、カタログがハブであり、カタログにアクセスするワークステーションがスポークです。 ネットワーク メンバー間の接続を厳密に制御する必要がある場合は、ハブ アンド スポークが理想的です。

重要: ハブ アンド スポーク ネットワークのすべてのメンバーをハブとして設定した場合、基本的にそのネットワークはメッシュ ネットワークになります。 同様に、スポークのみを設定した場合は、メンバーは接続できなくなります。